本日 20 人 - 昨日 202 人 - 累計 55873 人 サイトマップ
ご訪問頂きありがとうございます。

先月に起こしたレーズン酵母をようやくパン種に出来たので、今週から自家製天然酵母パンを販売する予定です。

ストレート酵母液が美味しくって何度も味見と称し、飲んでしまいました(^_^;)。

一緒に起こした酒粕酵母は、酸っぱくなってしまったので、残念ながら廃棄しました。酒粕酵母は、フレッシュな酒粕を使うと起こしやすいので、酒粕の出回る今の時期が良いのかもしれません。

もう少ししたら、甘夏かネーブルで天然酵母を起こしてみます。

ご訪問頂きありがとうございます。

小麦の製粉をお願いしていた方が、年末にお亡くなりになり、余りに急なことで、ショックで驚いてしまいました。御冥福をお祈り致します。

家庭用製粉機は年末に届いていたので、調整して先週から自家製粉しています。
パン用のW8号は国産小麦といえども、強力粉なので硬質小麦です。
なので、すんなり粉に出来ます。

製菓用の農林61号は、シットリしていて、W8号と同じ調節では、詰まってしまうので、悪戦苦闘しました。

自分でチマチマ製粉すると、時間も手間もかかるので、これも今後の課題です。
だけど、小麦に対する愛しさが増します(笑)。

更に歩留まりが悪く、半分近くフスマとなっています。
今年は畑に沢山フスマを撒けそう…(苦笑い)。

全粒粉もひいてみたいし、ライ麦もひいてみたいので、製粉方法を模索しています。

ライ麦といえば、ルヴァン種を日曜日に仕込みました。この種で美味しいライ麦パンが焼けるといいな。

大寒に大寒波

2018年01月26日
ご訪問頂きありがとうございます。

雪の後に大寒波…。
雪が溶けてきたので、畑に春菊を取りに行ったら、茎が凍っていました。
掘ってきた里芋を洗おうとしたら、外の水道が凍っていました。
畑には、5cm位ありそうな立派な霜柱。

でも、ナバナを蒔いた別の畝にが、菜の花の蕾がチラホラ。
春は確実に近付いているんですね。

今週は、バタバタしてメニューをアップできず、申し訳ありませんでした。

来月から、ティータイムのメニューに「あわぜんざい」を追加しようと試作中。
砂糖を一切使用しないぜんざい。
甘さは、あずきとドライフルーツ。
試作したら、砂糖のもにより、優しく上品で、お代わりが欲しくなりました。

ドライフルーツは、なつめ、レーズン、プルーン等。
粟も、もちもちふわふわしています。

果樹植替え

2018年01月20日
ご訪問頂きありがとうございます。

畑の果樹を春が来る前に植え替えようと考えています。

フェイジョア、りんご、プルーン、みかん、オレンジ、イチジク、なつめ、梅が適当に植えてあるので、本植えをしなければなりません。

フェイジョアは20本以上あるし、りんごは10本、柑橘類も10本近く…。
考えただけで、重労働で、中々重い腰が上がりませんが、一年放っておくと、さらに大変になるので、計画的に進めます。

ここは西風が強いので、常緑樹で虫もつかないフェイジョアを、防風林代わりに西側の植えます。フェイジョアの木は珍しいのか、近所の人にはオリーブだと思われて、「この木は大きくなるんだよね」と言われ、暗に移植を求められています。でも、フェイジョアは、育っても2mにはならず、大木化しないので、畑の端に1列に植えても大丈夫。

フェイジョアの隣はりんご(紅玉)。

当面の予定です。

桜沢如一先生

2018年01月17日
ご訪問頂きありがとうございます。

年末から引き続き、桜沢如一先生にハマっています。

さらに年明けに、
・「健康の7大条件」昭和38年
・「ZEN MACROBIOTIC」昭和35年くらいにフランスで出版されたものの日本語訳
・「無双原理 易」1931年にフランスで出版されたものの日本語訳
・「松岡四郎が語るマクロビオティック」桜沢如一先生の後年のお弟子さんの著書
4冊購入したのですが、半分読み終わりました。

マクロビオティックと薬膳。
個別の食べ物の陰陽、五性(寒、涼、平、温、熱)の違い、例えば「塩」。
マクロビオティックでは、陽性の強いものとあるにに、薬膳では「寒」。

この違いはどこからくるのか?
マクロビオティックでは、カリウムが陰性、ナトリウムが陽性なので、塩化ナトリウムの塩は陽性となります。

カリウムを多く含むものは野菜。そのため、野菜は陰性。野菜の中でもカリウム含有量の多い、トマト、ナス、ジャガイモはかなり陰性が強いので、冷え性の人は摂取しないほうが良いとあります。

薬膳の五性の由来は、勉強不足で分かりません。
いつか疑問が解ける日が来るように精進します。

<< 前の5件 | 次の5件 >>