本日 83 人 - 昨日 298 人 - 累計 122901 人

ハイペリカム

ご訪問頂きありがとうございます。

今日は二度目の歯医者さん。
前回、治療した夜、ロキソニンが効かず、悶絶したので、今回は、念のため、ボルタレンを処方してもらいました。

万が一、前回の様な痛みが出ると、とっても困るので、保険の意味で‥。
麻酔が切れて、疼痛が始まったのですが、我慢できる痛さなので、ホメオパシーのレメディで乗り切る作戦に変更しました。

西洋弟切草、ハイペリカムは、神経に達する痛みに効くそうです。
弟切草の花は黄色に赤い点々が血しぶきのようにあります。これは、兄が弟を切った時の血しぶきで、そのため弟切草と言われています。
夏の高山に良く咲いていて、独特の色なので、直ぐに分かります。

歯根の神経の再治療にはもってこいのレメディです。

あとは、マグフォス、リン酸マグネシウムのレメディ。
これは、ホメオパシーのアスピリンと言われる、鎮痛剤的なもの。

この二つをとって様子を見ています。
今のところ、ボルタレンの出る幕はない感じなので、このまま就寝します。

タイムマシンがあったら、小さい頃の私に言いたい。
歯を磨きなさいと。

歯の大切さが身に染みる日々です。


関連記事
歯茎嚢胞、その後 (03月10日)
ハイペリカム (10月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):