本日 85 人 - 昨日 298 人 - 累計 122903 人

春の養生

2018年02月24日
ご訪問頂きありがとうございます。

お店の畑の菜の花がドンドン咲き始めました。
春がすぐそこまで来ているのですね。

陽気になり、血の巡りの良くなる春は、肝の働きが高ぶりやすく、胃腸の働きが弱くなると言われています。

生もの、冷たいものを控え、温かいものを食べるようにして、サッパリとした味付けで、刺激物、肉を控えるのが良いそうです。

肝の働きを抑えるのには、野菜をたっぷり食べるのが良く、消化吸収を良くする自然の甘味を取ると脾の働きを助けます。
・米、麦、雑穀、豆
・人参、キャベツ、たけのこの甘味のある野菜

また、肝の働きを促進する酸味は控え目にします。

そして、冬に溜め込んだ余分なものをデトックスするために苦味も重要。
・菜の花、春菊、ふきのとう、うどなどの葉野菜や山菜

そう言えば、春には苦味のあるものがたくさん出て来ます。
健康に過ごすためには、環境との調和が大切ですが、自然の変化に合わせた食べ物を摂っていれば、自然と調和して健やかになり、難しい知識は要らないのかもしれません。

四月のコラボ企画の陽明堂さんから教えて頂いたシェパーズパース。
和名はなずな。俗名はペンペン草。

春の野草の代名詞。
今、色々勉強しています。

四月の薬膳ランチには、シェパーズパースを使ったものをお出ししたいと考えています。