本日 117 人 - 昨日 335 人 - 累計 139231 人

危ない玄米食③

ご訪問頂きありがとうございます。

危ない玄米食を安全な玄米食にするには、結局、17時間浸水させてアブシシン酸とフィチン酸を解毒し、アクリルアミドが発生しないように120度以下で炊飯する事になります。

17時間浸水させることは、発芽させること。
発芽させると、副次的に
①消化が良くなる
②食物繊維が増える
③ギャバが急増し、脳血管疾患やアルツハイマーの予防につながる
④アミノ酸が増加する(玄米の2.5倍、白米の4倍)
⑤抗酸化物質が増加する(特にフェルラ酸とトコトリエノール)
のメリットも出てきます。

正にいいことづくめなのです。
実際に発芽させて炊いてみたら同じお米なのに甘く食べやすくなりました。

皆様も是非お試し下さい。
但し、発芽させ過ぎると不味くなり栄養も成長に持っていかれるため少なくなるそうです。


関連記事
危ない玄米食② (01月07日)
危ない玄米食③ (01月08日)
リマクッキングスクールbasic2コース終了 (01月09日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):