本日 290 人 - 昨日 339 人 - 累計 104179 人

ヴィシソワーズ

ご訪問頂きありがとうございます。

じゃが芋が豊作だったので、夏場のスープはマクロビチックなヴィシソワーズが多くなりそうです。

バターを菜種油、牛乳を無調整豆乳に代えて、自家製無農薬の玉ねぎ・じゃが芋と海塩、胡椒で作ります。

少量の菜種油で薄切り玉ねぎを弱火でじっくり炒めて、海塩を加えて玉ねぎ自体の水分で蒸し煮にして、甘みを目一杯出させるのがコツと言えばコツです。

じゃが芋はマクロビ的には陰性の強い野菜です。
陰性が強いというのは身体の熱を冷ますという事。
夏にぴったりのスープです。

陰性の強い野菜でも、調理方法で陰性を弱めることが出来ます。
陰性が強いとされる、ナス、トマトも、食べる季節、調理方法を工夫すれば、良いだけで、毛嫌いするのは、勿体ないと思います。

しかし、旬では無い冬にナス、トマト、キュウリを生食するのは、身体に負担となるし、自然環境にも負荷をかけるので、止めるのが賢明と考えます。


関連記事
低血糖症② (06月20日)
ヴィシソワーズ (06月27日)
リマクッキングスクールbasic-1終了 (07月04日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):