本日 80 人 - 昨日 96 人 - 累計 20221 人 サイトマップ

固定種の採種

ご訪問頂きありがとうございます。

畑では、ゴーヤがたわわになっています。
このゴーヤは、昨年落ちた種から育ったものです。

固定種の種は、同じ畑で栽培と採種を繰返すことにより、どんどんその畑に適したものに進化するといわれています。

なので、無農薬・無施肥を続ければ、数世代後には無農薬・無施肥に適した野菜となるはずです。

しかし、数年この栽培をくりかえしたところ、進化するもの退化するものがあることに気付きました。

里芋、ゴーヤ、かぼちゃ、なす(ロッサビアンコ)、大豆、ねぎは進化パターン。
じゃが芋は退化パターンでした。
蒔いた種と同じか、品種によっては少なくしかも小粒になってしまいました。

秋じゃがを八月下旬に蒔くのですが、何らかの肥料を入れてみようと考えています。

自然栽培の考えに反するのですが、作物ごとに考えるほうがいいと考えています。

でも無農薬栽培だけは譲れません。


関連記事
ドライトマト作り (07月23日)
固定種の採種 (07月31日)
ゴーヤスムージー (08月01日)

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):